性病検査

性病検査

性病は検査で簡単にわかります。自宅から郵送でできる検査がありますから、かゆみとかの症状があるときは早めに検査してみましょう。

性病 男 女

性病の種類は、男と女で違いがある場合もありますし、関係なく感染する性病もあります。その中で、性器クラミジアは比較的感染が多いようです。

女性の場合、下腹部痛、不正出血などの症状があります。それから、のどの腫れとか痛み、発熱が特徴的です。そのままにしておくと、大変なことになります。卵管炎になって、最悪子供が産めない体になってしまうこともあります。子どもができない女性ほど悲しいものはないと思います。こんなことにならないように、しっかり治療しましょう、治療で完治する病気ですからね。男性の場合は、尿道内に炎症がおきると、トイレに行ったとき鋭い痛みを感じて性病に気づくこともあります。

性病は、たくさんの種類があります。当然それぞれの病原菌の特徴は違うので、症状も危険度も違います。性病が重要視されているのは、男女とも病院に行きたがらない事が多いからです。そのため症状がひどくなってしまうことも多いです。梅毒やエイズなど命の危険に至る性病もあります。

何となく気になっていても放置してまっていては、パートナーを苦しめることになってしまいますよ。自分だけの問題ではないということですね。検査はパートナーと一緒に受けるのがオススメです。

一人が感染しているなら、二人とも感染している場合が多いからです。一般的な性病は早目に治療をすれば、完治することができますから、おかしいと思ったらすぐ検査をしてみましょうね。

性病 症状

いくつかの種類の性病について症状を紹介してみますね。症状はおりのもの増加、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みなどです。ただ、なんでもない人でも感じることも多いので、ハッキリわからない場合も多いです。

淋病の症状もクラミジアとあまり変わりがないです。女性の場合ですと、症状だけから性病を疑うことが難しいようです男性は排尿時の鋭い痛みがありますから、性病を疑いやすいです。尿道から膿が出てきたりすると、大変なことになってるかもと気づきやすいのですね。でも男性が女性に性病であることを告白しないと女性は気づかないんですね。

膣カンジダ症はカンジダ真菌による感染症です。カビの一種ですが、カンジダ真菌そのものはほとんどの女性に存在しています。体調が悪くなってくると、抵抗力が弱まり症状が出ます。症状は外陰部や膣のかゆみ、ヨーグルト状のおりもの、排尿障害などです。男性は亀頭のかゆみやただれなどの症状がでるので、自分で気づきやすいです。

性病の中では比較的穏やかな種類になりまが、放置しておいて治ることはありません。泌尿器科で薬を処方してもらう必要があります。
梅毒は昔の病気と思っている人も少なくありませんが、、実際には現在も増加傾向にあります。
症状はしこりやリンパ節の腫れから始まります。

性病 検査

心配がある人は、性病の検査を受けるにはどうすればいいかですよね。泌尿器科で見てもらうことが一番ですですけど、やっぱり恥ずかしいですよね。

そんな人にピッタリでオススメなのが「検査キット」です。性病の種類に応じていろいろな検査キットは販売されています。通販ですから、気になることがあればまずは検査してみるといいですね。
検査キットは、男性用と女性用があります。
検査の内容でも種類があって例えば
4項目キット(B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒)
8項目キット(B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒、淋菌、トリコモナス、カンジダ、クラミジア)
といったふうに、いくつかの種類の性病が検査できるようにセットになっています。

・検査キット流れはこんな感じになります
1.購入したキットが届いたら、検体を採取します。
  (採取の仕方は丁寧な説明があるので安心です)
2.検体を返送します
  専用の器具で採取した検体を返信用の封筒に入れて返送します。
3.検査所で検査を実施します。
4.検査結果はメールと郵送で送られてきます。
  結果は、検体を送り返してから一週間くらいでわかります。

万一、性病にかかっているとわかったら、すぐに病院で治療を受けましょうね。
特に女性の場合は不妊症の原因となることがあります。症状が進んでからは取り返しがつかなくなってしまいます。

詳しくはこちらで確認してみてくださいね。

性病検査のエキスパート!さくら検査研究所

性病検査 トップへ戻る